ミラーレス一眼

僕はPENTAX K100Dというデジタル一眼レフカメラを所有していて、

これはかつての一眼レフカメラに比べ随分と

小型軽量化がなされたモデルなんだけれども、

それでもコンパクトデジタルカメラに慣れきった一般人(妻など)には

かなり重く感じられるらしい。


なので、普段豚二の成長記録を撮影しようにもどうも億劫になり、

つい手軽なLUMIX(コンパクト)でパシャパシャとやっている。


それはそれで良いのだが、

一眼レフで撮った写真の独特な雰囲気を知る者としては

コンパクトデジタルカメラの平板な写真はどうにも物足りなく、


かといって豚二が笑ったり寝返ったりするたびに

一眼レフを構えるのも面倒で、


手軽だけど一眼レフみたいな写真が撮れる。

みたいな贅沢な要求に応えてくれるカメラ・・・

が、

なんと今はあるのだ。



昨年発売されて大ブレークを果たした

「ミラーレス一眼」というジャンルの製品がそうだが、

オリンパスのPEN、パナソニックのLUMIX GF3とか、

それにソニーのα NEXシリーズである。



これらは「一眼レフ」と聞いて一般人が想像する

フォルムの常識を覆し、

ぱっと見ふつうのコンパクトデジタルカメラだけど

中身は一眼レフ。みたいな凄い奴である。


なかでも、マイクロフォーサーズという独自の規格

(ふつうの一眼レフに比べ撮像素子がちょっと小さい)を採用した

オリンパス、パナソニックに対し、

ソニーは一般的なAPS-C(冒頭のK100Dもそうである)サイズの

規格をどう工夫したのかそのままコンパクトな筐体に仕舞い込んでいて

なかなかの意欲作であるように思う。


なので、前々からα NEXのことが気になっていたんだけれども、

豚二の成長記録というビッグな需要が舞い込んできたために、

そろそろ購入に踏み切ろうか。とキャッシングのカードを眺めながら

思案しているのである。


価格コムから目が離せない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック