ブエノスアイレス午前零時

アクセスカウンタ

zoom RSS 業務災害

<<   作成日時 : 2011/02/16 20:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

今日もMC(モンスタークレーマー)が襲来した。

受けて立つのは僕である。


相手は幸い格闘技の心得は無いようなので、

膂力に勝る僕が今日も取り押さえた。

のだけれども、


その過程でひっかき攻撃に遭い

右手を負傷してしまった。



マキロンで消毒、

絆創膏を貼りながら、


昨晩の社労士試験勉強を思い出していた。



僕ら会社員はごく一部を除いてみんな

労災保険に加入していて、

業務上の傷害とかの場合

ここから保険金が下りるのは周知の事実である。


さて、

今回僕が負った傷の治療は

労災保険の給付対象になるだろうか?



業務災害と認定されるには、

「業務遂行性」

「業務起因性」の

二つが認められなければならないが、


僕はまあ確かに社長が

「また来たよ。行って相手してやれ」

と言ったから行ったのであり

一応事業主の指揮管理下にあったと

考えられるし、業務遂行性は認められるだろう。


しかしながら、業務起因性はといえば、

確かにクレーマー対応という業務が原因だったものの

顧客対応は本来営業の人の業務であり、

僕の本業は伝票を切ったりデータ入力したりである。


なので、労働基準監督署の人(労災認定をする人)が

書類を見たら、

「Why?一般職のユーは伝票を切って手を切ったのかい?」と

混乱されることは必至、業務起因性は認められるかどうか

怪しくなってくるのである。


そんな僕のケガを労災認定してもらうために、

今晩も頑張って社労士の勉強をしようと思う。










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
アルゼンチン列車追突事故、乗客女性が出産
Los Andes(アルゼンチン)より原文はこちら→首都ブエノスアイレスの郊外にあるサンミゲル市で起きた列車追突事故、死者が4人、ケガ人が約120人を出している。妊娠8ヶ月であった女性は夫と2人で、事故に遭った列車で旅に出かけていた。列車の追突により、2人とも床に叩きつけ ...続きを見る
ILOBUR サンプル研究所
2011/02/18 16:54

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
業務災害 ブエノスアイレス午前零時/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる